主婦が借りれる30万円の壁?

手軽に、スピーディーにお金を融資してもらえるのがカードローンですが、利用する時は注意が必要です。
というのも2010年6月の貸金業法の改定により、主婦の方もお金を借りるのが厳しくなったからです。
この総量規制は、主婦にも大きな影響を及ぼしてきます。
現在仕事をしている主婦の方も、総量規制には十分注意する必要があります。
今まで借入れについては特に制限はありませんでしたが、この法律の施行によって個人が借りられる額は年収の1/3までに制限されるようになりました。

 

年収の1/3ということなので、例えば収が300万円であれば、最大でも100万円までしか借入れができなくなります。
また年収が100万円の人であれば、33万円までしか融資できません。
そして特に注意することは、この制限は1社のみの話ではないということです。
たとえ複数のキャッシング会社から借りる時でも、総合が1/3までに制限されることになります。

 

また主婦は30万円しか借りれないという話を聞きます。
はっきりホームページなどで明示してある会社もあれば、暗にルールとして設けられているところもあります。

 

専業主婦の場合はキャッシング会社によって30万円の限度額を設けているところもありますので、その時は30万円しか借りれないことになります。
しかし仕事をしている人であれば前述のように収入の1/3の限度がありますが、30万円しか借りれないわけではありません。
この点が、収入があるか、それとも無収入かの大きな違いですね。

 

もし100万円以上必要だったらどうすればいい?

冒頭でも述べたとおり、貸金業法の改定の施行により、総量規制の規定を受けるようになりました。
これにより、主婦の方も様々な制約を受けることになりました。
主婦向けカードローンだけでなく、世の中全体が「借り過ぎ」に敏感になった瞬間です。

 

必要額が限度額以内であれば特に問題ありませんが、それ以上のお金が必要になった時どうすればいいのでしようか。
主婦の中には、例えば100万円以上のお金が必要になることもあります。
こう言う場合総量規制の適用で、年収が300万円以上ないと融資してもらえないことになります。
しかしそれでは困ります。

 

年収300万円以内の主婦の方が急に100万円のお金が必要になった時は、所得証明書などの収入証明書を提出することになります。
総量規制には3つのルールがあり、その中の一つに50万円以上のお金を借りる際は収入証明書を提出する旨の規定があります。

 

そのため100万円以上のお金が必要になった時は、別に収入証明書を提出すればお金を借りることができます。
しかしこの規制は消費者金融などに適用され、銀行系のキャッシングでは対象外になります。
そのため100万円のお金が必要になった時、銀行系のキャッシング会社で借りる方法もあります。

 

これはあくまでも理論上のことなので、実際に100万円借りられるかどうかというのは、ご自身の収入にかかってきます。
借りれないからといって、闇金などには絶対に手を出さないようにしてください。