将来の住宅ローンに影響が出る?カードローンを使った時の影響は

将来住宅の購入を予定している人も多いのではないでしょうか。
一度は持ってみたいマイホームですが、価格も結構高いのでなかなか難しい面があります。

 

しかしそういった人たちのために住宅ローンがあります。
ローンを組むことで、マイホームを手に入れることも可能です。

 

最近は住宅ローンを提供している金融機関も多くなっていますので、借りる側の選択肢も広がってきます。

 

しかし住宅ローンの利用を考えてる人の中には、カードローンを利用している人もいると思います。

 

実はこのカードローンが、将来の住宅ローンの申込みに影響を与えるのではないかという話を聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

住宅ローンの申込みを行うと、当然申込みをした金融機関では審査を行います。
しかしカードローンを利用していると、その利用程度によって住宅のローンにも影響が出てくることがあります。

 

例えば多額の融資を受けていたり、また支払遅滞に陥っている場合は審査な影響することもあります。
しかし10万円程度の利用で、支払もきちんと行っているのであれば特に問題はありません。

 

たとえ現在カードローンを利用中であったとしても、返済の事実あれば問題ないと判断されますので影響を受けることはありません。

 

カードローンは、クレジットカードの審査に影響が出ますか?

現在カードローンを利用していると、将来利用するローンに影響するのではという懸念もあります。

 

例えばカードローンを利用していると、クレジットカード審査に影響が出ることはないのでしょうか。
実はカードローンの利用程度によって、クレジットカード審査にも影響が出てくることはあります。

 

クレジットカード審査への影響度が高いと考えられるのは、消費者金融からのキャッシング残高です。
キャッシング残高が多い場合、クレジットカード審査の時に考慮されることもあります。

 

この場合、実際の残高によっても異なってきます。

 

例えば1〜20万円程度の残高がある場合と、100万円以上の利用残高がある場合とではキャッシング会社での心証も変わってきます。

 

当然後者の方が生活困窮状態と判断されますので、審査も厳しくなります。
そしてクレジットカードの申込みの際他社での借入状況なども記入しますが、この時適当に記載する人も中にはいます。

 

少しでも心証をよくするためにそのような記入をしていると思われますが、後で調査すれば分かりますので正確に記載してください。

 

いい加減に記入すると信用もなくなり、審査に落ちる場合もあります。
クレジットカードの申込みをする場合、カードローンの利用についても正確に記入するようにしてください。