主婦だから審査に落ちるということはない

主婦の方の中には、カードローンの審査に通りにくいのではと感じている方もいます。
主婦パートだからイコール収入が少ない、経済的に信用が薄い、そう考えてしまいがちですよね。

 

確かにキャッシング会社によっては、審査に落ちるケースもあります。
しかし最近のキャッシング会社では、パートやアルバイトで働く主婦の方でも融資可能なサービスを提供しているところも多くなっています。
そのため現在パート・アルバイトで仕事をしている方でも、一定収入があれば借入も可能になります。

 

実際にカードローンを利用する際は、消費者金融や銀行など自分に合ったキャッシング会社を選択することになります。
また高額な借入でなければ、消費者金融をお勧めします。
これには、ひとつ問題がありますが、まず、消費者金融からは専業主婦は借りれません。銀行が提供する専業主婦向けのカードローンに申し込むほかありません。
パート収入などがある人は、金利が少々高いですが、消費者金融のほうがやや審査が通りやすいというメリットがあります。

 

ただし、消費者金融は総量規制の対象になりますので、年収の1/3が借入限度になります。
それゆえ、自分の現在の年収をよく把握しておく必要があります。

 

総量規制の内容をよく理解しておけば、主婦でも審査に不安になることはありません。
申込書や添付書類などに不備がなければ、キャッシング会社の審査にも落ちることも少なくなります。
しかし主婦の方でも、審査に落ちる場合がありますので注意しておいてください。

 

主婦審査落ちあるある。借りれない理由を教えて

主婦の方がカードローン審査に落ちる原因は様々ですが、だいたい次のような理由が考えられます。
カードローン審査に落ちる原因ですが、まず他社からの借入件数が多いことです。
この場合他社からの借入の総額ではなく、借入件数が重要視されます。

 

例えば100万円を借りている場合、1社から100万円を借りている場合と、数社から100万円を借りている場合とでは審査の度合も変わってきます。
この場合、1社から借りている方が評価も高くなってきます。
借入件数が多いということは、各キャッシング会社から設定された利用可能額も少ないことになります。
利用可能額が少ないのは、裏返せばそれだけ信用が低いと判断されます。
そのため数社からの借入がある人は落ちる原因にもなりますので、十分注意しておいてください。

 

そして支払遅滞がある人も注意してください。
主婦の中にはクレジットカードを利用してネットショッピングを利用する人も多いと思いますが、この時カードの支払を忘れてしまうこともあります。
クレジットカードの支払遅滞は、信用情報にも記録されます。
何回も滞納すると、キャッシング会社の信用度も低くなりますので注意してください。
さらに短期間のうちに多くのローンを申込んでいる場合も注意してください。
この場合、カードローン審査で不利に働きます。このように申込みをする時は十分注意してください。