収入証明が取れない場合

例えば5万円、10万円といった比較的少額であれば、大丈夫ですが、50万、100万以上といった高額借入をキャッシング会社に申込みをする時、収入証明書など必要書類の提出を求められることがあります。
主婦の方の中にはパートやアルバイトをしている人もいますが、場合によっては時間がない、会社側が準備してくれないなどの理由で収入証明書を用意できない場合もあります。
この場合、カードローンの申込みは可能なのでしょうか。

 

キャッシング会社の中には、添付書類として収入証明書を求めているところもあります。
しかしその中には、特に収入証明書などの添付書類を必要としていないところもあります。
そのためお金が必要な時は、そういうキャッシング会社を利用してみるのも一つの方法です。

 

また専業主婦の方が申し込めるカードローンもありますので、そちらを利用してみてもいいと思います。
銀行系の金融機関が最適です。
しかしキャッシング会社によっては30万円など、借入限度額が決まっているところもありますので注意も必要です。
主婦の方は、収入証明を用意しなくても申込みできるキャッシング会社を事前にリサーチしておくことをお勧めします。

 

 

旦那の収入と借りれる金額は関係していますか?

先程も紹介したとおり、カードローンの利用を考えている主婦の方の中には、収入証明書などを用意できない人もいます。
この場合、収入証明不要の金融機関で借りる他ありません。
その場合、自ずと借りれる額は少なくなってきます。もしまとまったお金が必要な場合は小刻みに、2社、3社と借りて合計額で、必要額を満たす他ないですね。

 

しかし主婦の中には、旦那に黙って借りたい人も多いと思います。
またその場合、旦那の収入によって自分の借りれる額に影響が出てくるのに不安を抱いている人も多いのではないでしょうか。

 

主婦の方であまり収入がない場合、総量規制により旦那の年収の1/3の額まで借入ができます。
しかし消費者金融の中には、主婦の方借入限度額を設けているところもありますので注意しいてください。
この場合旦那の収入に関係なく、借りれる額も制限されてきます。

 

主婦の方がカードローンを利用する時、旦那の収入によって借りれる額が制限されることもあります。
また消費者金融によって、提供しているサービスも変わってきますので事前に確認しておくことをお勧めします。
しかし銀行系のカードローンであれば、総量規制の適用もありませんので借りられる額を気にする必要もなくなります。
また金利も低いので、銀行系のカードローンを申込むという選択肢もあります。
しかし総量規制の適用もなく金利も比較的低いことから、その分審査も厳しくなりまので注意してください。