緊張の瞬間。それが在籍確認

主婦の方の中には、旦那に内緒でカードローンの利用を考えている人も多いと思います。
カードローンの申込みを行ったあと、キャッシング会社からたいてい、在籍確認の電話がありますので心配している人もいるでしょう。
別に法律に触れるような悪いことをしているわけではないのに、なんだかドキドキしますよね。
キャッシング会社が行っている在籍確認ですが、これは必須なのでしょうか。

 

キャッシング会社によって在籍確認の方法は異なってきますが、確認自体は必須になりますので注意しておいてください。
現在は多くのキャッシング会社で、ローンの審査を行う時在籍の確認を行っています。

 

この在籍確認の意味ですが、カードローンの申請の時に記載した勤務先に本当に勤めているかを確認するためです。
そのため主婦の方にも、勤め先に確認の電話がかかってきます。
主婦の中には、カードローンの申込書に実際に勤めていない会社の情報を申告する人もいます。
そうなると正確な審査もできませんので、正確な情報を記載してください。
そしてたまたま席を外していて確認が取れなかった時でも、後日またかかってきます。
しかし確認が取れなかったといって、自宅にかかってくるとこはありませんので安心してください。

 

旦那の会社に在籍確認連絡はありますか?

カードローンの申込みを行った時、主婦が現在勤めている会社に在籍確認の電話が入ります。
この場合キャッシング会社のほうもいろいろと配慮をしてくれます。
例えば個人名で電話をかけてくれたりしてくれますので、同僚に気付かれることもありません。

 

しかしこの場合、旦那の会社にも在籍確認の電話が入ってくるのではと不安を抱いている人もいるでしょう。
確かに主婦の勤務先で確認が取れなかった場合、配偶者の勤務先にも連絡がありそうな感じもします。
しかし安心してください。旦那の勤務先に、在籍確認の電話が入ることはありません。
キャッシング会社での審査は、あくまでも申込み者本人です。
そのためキャッシング会社の方でも、本人の確認ができればそれでいいのです。

 

このように主婦の勤務先で在籍確認が取れなかったということで、旦那の会社に確認の電話が入ることはありません。
また自宅にかかることもありませんので、旦那にバレることもありません。
そしてカードローンの申込書に緊急の連絡先を記入する項目がある合、自分の携帯の番号を記入すればいいのです。
そうすることで、心配の必要もなくなります。
しかしキャッシング会社によって在籍の確認方法は変わってきますので、事前によく確認しておいてください。

 

ちなみに専業主婦の場合は、自分の電話にかかってきて、それで確認連絡終了です。
その電話にきっちり対応できれば、その後は入金があるだけなので、バレる心配はありませんね。